« 3月自主瞑想会の中止について | トップページ | ディーパンカラ・サヤレー 法話(3) »

2020年5月 7日 (木)

ディーパンカラ・サヤレー 法話(2)

2019年末より20年正月にかけて行われたディーパンカラ・サヤレーの南房総合宿での法話を文章にして順次掲載しています。
文章化にあたって協力してくださった皆様に感謝申し上げます。

Photo_20200507181001
岩井海岸

 皆さん、こんばんは。重ねて、ここに来ていただいてありがとうございます。実はひそかに瞑想会場に入ってみたのですが、皆さんとても静かに瞑想していました。私も一緒に瞑想したかったのですが、咳が出るので出ていかなければなりませんでした。部屋から慈悲を送っていましたが、皆さん受け取ったでしょうか? 寝ていたら受け取れませんよ(笑)。 明日インタビューがありますから、皆さんから良いお話しを聞けるのを楽しみにしています。

 瞑想も時には苦ですよね。早く起きなければならないし、一日中瞑想しなくてはいけませんし、体が痛い中でも瞑想しないといけません。そういうふうに自分の心をコントロールするのは難しいですね。これが人生の本質です。本当はコントロールしたくないのです。本当は欲望のままにしたい。例えば美味しい食べ物を食べたい、お金があったら美味しい食べ物や良いものを買えます。そんなふうに全てにおいて欲望、「欲しい、欲しい」と思っていますので、それをコントロールすることが苦しみなのです。

 今日は、心をコントロールする――20分間呼吸と共に心をコントロールする方法を教えたいと思います。どうですか、嬉しいですか? なぜ皆さんが嬉しくなるかというと、皆さんは智慧をたくさん持っているからです。そんなふうに気づきを持って物事を見ようとするとそれが喜びになって、気づきが智慧をサポートしていきます。そういうことを理解するからこそ、幸せになれます。

 呼吸はとても簡単です、皆がしていて、入る呼吸と出る呼吸を感じることができます。ここに瞑想対象があるということを感じることができます。心に関してはどうでしょうか。 もし20分~30分、心を見続けることができたら、確実にニミッタは現われます。昨晩私がお話ししました、呼吸の動きを見ること、心と一緒に見ること、そして幸せな気持ちと一緒に見ること、心地よい気持ちと一緒に見ること、それができることが集中を得る最初のレベルです。これが集中の最初なのです。

 このように集中がどんどん始まっていけば、まず痛みがなくなります。苦しみがなくなります。体の痛みもないから、体が軽くなったように感じます。呼吸とともにとても幸せな気持ちが出てきます。幸せな気持ちで集中している心が、心臓のこの辺の上から光を発します。光は外側にあるのではありません。集中は鼻のこの辺りでアナパナ瞑想をするのですが、光が出てくるのはここ(心臓)の辺りなのですね。内側には無いように感じますけれど、実際はハート・ベース(心基)から作られているから、外側に光があるわけではありません。

 最初の段階ではニミッタは、不安定です。光も色も不安定です。だから、そのニミッタに集中してみようと思うと、光がまたパッと散ってしまいます。集中力がもっともっと強くなって、微細な呼吸を続けて見られるようになって、決して離れないようにしてください。集中がもっと深まれば、ニミッタも光ももっと強くなりますし、鼻の近くに寄ってきます。よろしいですか、そのようにニミッタの光が安定してきたら、やっと光の方に目を向けて、今度はニミッタを観察の対象にします。そして、「ニミッタ、ニミッタ、…」と観察していきます。そうしてやっと禅定に入っていきます。簡単でしょう、そうじゃないですか。30分間まるまる集中することができたら、確実にニミッタは安定します。明日はがんばってアナパナ瞑想してください。そしてニミッタがもっと出てきて、それと共に深い集中に入ったら、それがアナパナ・サティといいます。

四界分別
 今日は、「四界分別」についてお話します。皆さんが将来実践するかもしれません。禅定に入った後は、自分の体の中を突き抜けて観ていかないといけないのです。そうして体の要素とか、心の中とか、そういったことのバランスをとる必要が出てきます。もしアナパナ瞑想が難しいなと感じられている方は、直接四界分別をすることもできます。ブッダは40種類のサマタ瞑想をつくってくださって、四界分別はそのうちの一つです。しかし、アナパナ瞑想をやっている時は、四界分別をしないでください。2つ同時にしないでください。あるいは2つの瞑想を混ぜたりしないでください。アナパナやるときはアナパナだけです。

 四界分別の瞑想をしたい人は、4つのうちの1つだけを選ぶことはできません。つまり、「地・水・火・風」のうちの、「地」だけやることはできません。「地・水・火・風」の4つを段階的にやって、それから全部やります。その4つの要素のバランスを体の中で取れるようになると、幸せだという気持ちになり、集中力を得ます。四界分別は、「地・水・火・風」ですね。瞑想をしているときに、なんらかの感覚、例えば「熱い」とか「冷たい」とかの感覚を感じます。しかし、「アナパナ瞑想」する時には、そのような感覚には絶対に集中してはいけません。無視してください。ところが、「四界分別」をするときは、そういう感覚というのをものを明確に感じなければいけません。どうですか、分かりますか?

 四界分別のうち、「風の要素」というのは体の中で感じやすいので、「風」から始めてみましょう。「風の要素」は2つの性格があります。「押す」というのと「支える」という性質です。「地の要素」は、6つあり、2つのグループに分けられます。「硬さ」、「粗さ」、「重さ」。それに対応して「柔らかさ」、「滑らかさ」、「軽さ」です。「軽さ」をはっきり感じる時は、「重さ」を感じないし、「重さ」をはっきり感じる時は、「軽さ」を感じません。つまり、「軽さ」と「重さ」は対になっていて、同じグループなのです。火の要素は、「熱さ」と「冷たさ」の二つの性質があります。水の特徴は「流動性」と「結合性(固める力)」です。

 こういう性質というのは、瞑想するとき、一つずつ観察していきます。体の中にどういう感覚が現れるかということ。例えば、風の「押す」という特質をみたいときは、入ってくる呼吸を集中します。入ってくる呼吸を体の中で追いかけて行くのですね。入ってくる空気を追いかけて追いかけて、頭のてっぺんで筋肉が振動して動いている、この押している感じを感じて、「押している、押している」と、観察します。
 赤ちゃんの頭は柔らかいのですが、赤ちゃんが呼吸しているときに、実際にこの(頭)辺りが揺れていたりするのですが、見たことありますか? 赤ちゃんの場合は分かりやすいのですが、大人の場合も同じで、深い空気が入っていくと、頭のてっぺんのところが振動して動いています。それが空気の押す力です。心でそのように追いかけられるようになったください。

 顔から上半身に押す力の振動を感じられるようになったら、下半身の方までいって、内臓(臓器)が揺れている感じが感じられるまで繰り返し、繰り返し、その振動を感じてください。そういうふうに、ゆっくりゆっくりできるようになると、徐々に振動を観察しながら、自分には心地よさが出てくるのですね。幸せな気持ちになる。どうですか、分かりますか?

 四界のあらゆる特徴・性質を体全身で感じられるようになってください。「硬さ」や「柔らかさ」もそうだし、「冷たさ」、「熱さ」もです。皆さん、このすべての四界分別の特徴・やり方を説明してほしいですか?
 地の性質、「硬さ」に関しては、歯をグーッと食いしばった時、そのあごの筋肉の硬さに集中してみてください。最初は一つの場所だけ、明らかに硬さが感じられる場所だけに集中してみます。その一か所の場所、筋肉の硬さを感じられたら、今度は他の場所にも移していって、体全体に感じられるように。そして「硬さ、硬さ、硬さ・・・」と、硬さのことを思うのです。

 今度は「粗さ」ですね。「粗さ」を感じようと思ったら、口の中の上あごの内側を舌でなでて、そのザラザラとしている感じを「粗さ、粗さ、粗さ・・・」と、今ちょっとやってみてください。上の歯の裏側を舌でなでてみて、ザラザラした粗さを感じてください。手で皮膚を触ってみて、皮膚のざらつきを感じてもいいです。その方がやりやすかったら、そちらでもいいです。
 「重さ」は、体を傾けて重さを感じてください。それから元に戻していって、「重さ、重さ、重さ・・・」と、戻るときの重さを感じてみってください。戻す時に抵抗があって「重いな」と感じます。それを、「重さ、重さ、重さ・・・」と、体全体で感じます。エネルギーについても感じてください。その「重さ」とか「軽さ」というエネルギーを感覚として感じてください。

 「柔らかさ」に関しては、上唇で下唇をかんでその柔らかさを感じて「柔らかさ、柔らかさ・・・」と感じて、体全体でその柔らかさを感じられるようにしてください。体で感じる時は、骨が自分に無いと想像してみてください。骨がなかったら支えるものがなくなって、筋肉が全部ポニョーンと柔らかくなりますね。そんな感じを想像してみてください。
 そういうふうに、「柔らかさ」を感じられるようになったら、次は「滑らかさ」です。上唇に唾をちょっと塗るとツルツルになります。この「滑らかさ」を感じて、「滑らかさ、滑らかさ・・・」として、今度はすべての内臓にまで広げて想像してみます。内臓というのは、実際解剖で見られた方はご存知ですが、表面がツルツルしていて滑らかです。

 こういう「滑らかさ」を感じられた後は、「軽さ」も感じられることが簡単になります。「軽さ」については、指をこう(上に)動かしてみると、簡単に動きますね。この軽さを感じてください。「軽さ、軽さ・・・」と、それを全身に広げてください。どうですか、分かりますか。ちょっとずつやっていったら、もっともっと感覚が鋭くなり分かっていきます。
 風の「支える」要素に関しては、背骨が体を支えているというこの感じを感じてください。体の姿勢とその「風の要素」は関係していて、風の「押す」要素が強いと、体の姿勢も押されてグルグルと安定しません。そこで、もう一つの要素の「支える」要素を使って、まっすぐに戻す感じです。皆さんが瞑想して眠くなっている時には、体がゆらゆら揺れて床につきそうになってしまいます。それは、「押す」力の方が強くなっているということです。だから、「支える」方の力でぐっと戻すということです。そういう経験ありますか?今ありますね。これが、「支える」力と呼びます。

 「温かさ(熱さ)」は、手を別の手で抑えた時に、手のひらの熱が移って温かいですよね。その温かさを感じてください。そんなふうに集中して、体全体にまで温かさを広げていきます。「熱さ」というのを感じていきます。そうしたら体全体がぽかぽかすることが感じられて、ヒーターなんかいらなくなります。集中力によって、自分自身で「温かさ」を作ることができます。
 「冷たさ」を感じることですが、入ってくる呼吸で、鼻のこの辺りで涼しい感じを感じます。そこで「冷たさ」を感じてみてください(鼻に空気をふんと入れた時の)。空気が鼻の中に入っていった時、冷たい空気が入ってくるのを想像してみてください。感じとってください。「冷たさ、冷たさ、冷たさ・・・」と観察して、体全体にまで広げます。そういうふうに、心を集中しないといけません。自分の中に、四大のどういう性質が出てきているのか。そういう感覚がもっともっと明らかに、はっきり生々しくなるくらいまで、集中力を高めてください。その集中が高まって、集中している状態がすごく幸せになります。ゆっくりゆっくりですけれど、そうなっていきます。

 次は「水の要素」です。水の「結合させる力」の性質は、手首をぐっと握っていると、硬い感じがして、痛いから不快です。最初は決して心地よくはない。不快な感じを感じ取ってみてください。重さを感じている時にも、キュッとなっている硬さみたいなものを感じる時があります。その時は実は水の「固める(結合させる)力」の性質のせいなのです。硬さも結合の方も、不快な感じです、決して心地よくはないです。「結合させる力」の反対の要素は、「流動の力」です。その流れる方の観察の仕方なのですが、体の内側に流れているものとして、血とか尿とか汗、そういうものが流れていますが、どれか選んで感じます。

体のバランスをとる
 そんな風に体の中でバランスをとっていきます。例えば、「重さ」の要素が強い時は、「軽さ」を出してバランスをとります。「熱さ」が出てきている、強いなと思ったら、「冷たさ」を瞑想してみましょう。「固める」要素が強いなと思ったら、「流動性」のほうを。
今、説明した5つのやり方、全部覚えていますか? 明日、紙に書いて貼っておきなさい(笑)。

 そういう風に1つずつやっていきます。自分のやっている1つずつが明確になるまで。
でも時々、複数の要素がグループになって一緒に現れてきたりします。複数の要素が一緒にワァーっとやってきたとしても、これは「水の要素」だとか、「火の要素」だとか、「地の要素」だとかいう風に識別します。
 そうすると徐々にですね、それぞれの要素というのがバランスをとって、そういう要素を観察しながら幸せな気持ちになると、集中力がバァーっと出てきます。幸せな集中力というのは、あなたが対象物をずうっと見続けて、それで、幸せだということです。そうすると、心がどんどん軽くなって輝いてきて、顔の周囲に光が出てきます。それが、ニミッタになります。顔とか、体の前に。

 こんな風に心が瞑想していて、ニミッタがもっと綺麗になって、キラキラして安定してきたら、ニミッタの方に集中します。それから、その四界分別観の4つの要素について、深い集中になって近止定に――はっきりした禅定ではないですが、その手前まではいけます。そんな風に自分の集中力が物凄くシャープになって、深くなっていったら心の力というのがもっともっとパワフルになっていきます。その心があればどういう感覚が起きても、「熱い」とか「冷たい」とか、はっきりそれが判る。それは、その自分の四界分別で得た集中力によって判るのです。「これは、この要素だ」みたいに。ですから、自分の心をジャッジすることもできます。どうも心地よさがない、不快だと思ったとき、四界の4つのどれかなという要素を感じて、それでバランスをとっていきます。

体をケアする
 脳卒中とかも治すことができます。そういう時は、風の「押す力」を使います。そういう振動を起こして、体の中の空気を流せば体も動き出します。風の押す力で、血管が開いて流れる。皆さんが、いつかは癌にもなるかもしれません。まぁ、これを言うと皆さんが嫌な気持ちになるかもしれませんね。嫌な気持になってもサヤレーは言いますが(笑)。
もうじき、新年ですね。新しい年を迎えるということは、1歳、年をとるということです。1年ごとに私たちは年をとって、病気になって、いつかは死ななければなりません。癌になるときもあります。癌とか腫瘍ができたりする。そしたら、その部分を自分で観ることができます。できなかったら、自分で病院に行って検査を受けるしかない。他人にやってもらうしかない。禅定に入っていたら明確に観ることができます。

 例えば、第四禅定まで行けたら体の三十二身分を観ますよ。それでやるので確実に、体の中を観ることができます。自分の腫瘍がどこにあるのか観ることができたら、今度は、その腫瘍の形を想像するのです。その腫瘍の形を観るのです。それから、心をどこに集中させるかというと、下腹部にもっていきますが、ここら辺にはいっぱい熱があるのです。消化するための熱がある。だからここは熱いのいです。ここの熱、「熱さ」は割と感じやすいのです。常に消化させようとしているから、割と早く、簡単に感じることができる。
それで、ここに心を集中させて、「熱さ、熱さ、熱さ・・・」と観察していくと、すぐに熱さの要素が出てきます。その熱さの要素がどんどん強くなっていきます。その熱さをゆっくりとですけれど、今度自分の癌の腫瘍のところに移動させます。その熱さにどんどん継続して集中させていくと、熱さが腫瘍に浸透します。癌のところに。

 そうすると、自分がお腹から移動させた熱で、腫瘍が熱くなって柔らかくなっていきます。最後には、焼き切ることができます。自分の腫瘍を熱で。その後、決意をします。「この焼いて溶かしたすべての癌細胞を、尿や体の液体で流します」と決意します。そうすると、流れていきます。「そのようにやるのだ」と、信念をもって信じ込まなければいけません。そして、実際にちょっとずつですけれども、回復していきます。放射線治療法みたいなものです。

 このやり方は誰かが私に教えてくれたわけではないのですが、自分で体験しました。昔、8個か9個くらいの腫瘍があったのですけれど、その時にお医者さんはもちろん、取る為の手術をしたがりました。その時は、本当にとても病気で弱くなっていて話すこともたいへんなくらいでした。エネルギーがなかったのです。それで私はお医者さんにこう言ったのです。「とりあえず、二週間ください。私、ちょっと瞑想したいのです。2週間したら、手術しに戻ってきますから」と。
 それから2週間の間、台湾の山に行って、山のお寺で比丘尼さん達と一緒に滞在して瞑想したのですけれど、そこで、今話したやり方をやったら、9個あったうちの腫瘍が1個になっていて、8個は消えてしまいました。それで、2週間経って、また医者の所に帰って検査をしたら、1個しか残ってないので驚かれました。

 それで今、皆さんにこの話をシェアしたかったのです。だからこそ、今こうやって皆さんの前でお話しできるように元気になりました。皆さんもこのやり方を知ったので、いつか試していただきたいです。今はこういう経験があったということを覚えていただけたらと思います。

体を作る粒子
 ですから怖がらなくてもいいのです。もっとダンマを学んで、瞑想を実践してください。瞑想があなたを色々なことで助けてくれると思います。そして、そういう風に集中力をつけた後は、今度はヴィッパサナーに進むのですけれど、その4つの要素も、物質も、全部、粒子レベルに観えてきます。ビューッと、分解していって、細かいものになる。粒子というのは体全体にあるということを観ていきます。それを、「無常、苦、無我」の真理、三相の真理が表れるまで観察します。
 ヴィッパサナー瞑想では、そのように分解して細かいレベルで観ることが必要なのです。なぜかというと、私達は、常に間違った物の見方をしているからです。もし、そういう風に分解して観なければ、私達はずっと間違った考えを持ったままなのです。例えば、これが「私の眼だ」、「私の耳だ」、「私の体だ」というように。だから、ヴィッパサナーが大事なのです。体の中を分解していって、どういう粒子がどういう性質をもっているのか、というのを、観察していきます。

 眼の中だって、物凄い数の粒子が出たり入ったりしているのですね。眼の中のその粒子の物質は、透明なものもあって、透明で物凄く明るい、キラキラしたものもあれば、透明ではないものもあります。そして、体全体の粒子も同じです。例えば眼を見ていたら、眼の1番真ん中のところは、とても明るいですね。でも、他の部分はそうではありません。眼の中央のところに、とても明るくて透明なものがあるのです。そこが、視覚的な対象物を見ているところなのです。他の、眼球の白い部分が対象を捉えているわけではありません。今日はさわりだけですけれど、基本的なことを話します。今回は、皆さんがちゃんと悟れるまでのお話をしたいなと思っていますから、途中で帰らないように。最後の日までここにいて話を聞いてください。

 どうして、この真ん中の部分は透明で、そこが外にある対象物を捉えることができるのか? どうして、白い眼球の部分は、外にある対象物を捉えられないのでしょうか? 
 体を分解して観た後に、色んな微粒子が出てくるのですけれども、それらの粒子は4つの原因によってできてきた物質なのです。それは、ブッダが教えてくださったのですけれども。耳とか舌とかも全部、同じです。体の物質は全部、4つの原因によってできています。4つの原因で出来た物質というのは、
1、カルマによってできた物質
2、熱、温度によってできた物質
3、心によってできた物質
4、栄養素、滋養によってできた物質
私たちの身体はすべて、これら4つのタイプの物質によってできています。

 皆さんが、ご飯や食べ物を食べると、それが栄養となって体の中に入って、例えば眼という物質ができて、その物質が強くなるのを支えてくれます。また、熱によってできる物質があります。熱によってできる物質というのは新しい物質なので、細胞が新しく蘇ったときは、熱でできるのですね。新しいものを生み出します。
 心によってできる物質もそうです。例えば、心で眼を動かしたいと思うと、眼が動くわけです。物質が動いて。心が動揺して悲しんでいると、涙という物質がでてきます。どうですか。わかりますか?

 次はカルマによってできる物質ですけれど、これは、他の3つとは違います。今まで言ったように4種類の原因によってできる物質のグループがありますが、そのどれもが基本的な性質として四大(地水火風)を持っています。体の中にある、すべての細かい粒子っていうのは、4つの種類のどれかであり、そして、それは全部、四大(地水火風)と、それとは別の性質というものを持っています。1つは、色です。内臓も色がついていますね。眼だって色があります。茶色の部分と、白い部分と。そんなわけで、「色」を持っています。それから、2つ目においては、体の部分で「匂い」が違いますね。そんなふうに4種類(地水火風)と、それから、「色」、「匂い」、「味」、「栄養素」で8種類の性質を持っています。どんな物質にも、この「8つの要素」というのが、絶対に入っています。基本の要素です。体の中のどの物質にも入っています。

 栄養によってできる物質とか、熱によってできる物質、心によってできる物質は、8つの基本要素というのが入っているのですけれども、カルマによってできる物質だけは違います。カルマによってできる物質というのは、もうあと2個、要素が増えます。全部で10個、要素が入ります。
 その9個目は、「命根」です。これは寿命みたいな、命を支える性質です。振動しているのですね。10個目が「透明な要素(浄色)」で、とてもキラキラ、輝いていいます。
10個目の、「透明な要素」があるから、眼の一番中央の透明な部分は、カルマによってできた物質が多いから透明なのです。ほかの白い眼球の部分とか、ブラウンの部分とか、色のついている部分は、残りの3つの物質でできたところが多いから、色がついているのです。この10番目の要素、輝いて澄んだ、「透明な要素」がないと外の対象と接触することができません。

 瞑想、ヴィッパサナーだと、眼の要素の性質も、集中して観察していきます。あらゆる要素の性質を見ていくのです。けれども、その物質の粒子が出たり入ったり、物凄いスピードでパッパッと生じたり消えたりするのです。眼の中のそれを、またずっと観察していきます。そうすると、あらゆる眼の中にある粒子は、まったく安定していない、常に出たり入ったり動いている。そこで、「これは無常なんだ」ということを悟ります。
 そんな風にすぐに中で消えては現われる自分の眼の中の粒子をパッパッパッパッ見て、「これは自分の眼じゃない」と、「自分のものじゃない」と観察していきます。耳も同様です。耳も4つの原因によってできた物質からできているし、それの集団です。それのグループがいっぱいある。

 耳もそうだし、鼻もそうだし、舌もそうだし、体もそうだし、心もそうだし、6つの感覚器官というのは全部、そんな風にできています。そんな風に体のどんな部分も、全部観ていくのですが、すぐ体のどこの部分も物質を細かく分解してみると、粒子がパッパッパッパッ現れては消え、現れては消えとやっているのです。どこもそうなのです。それを観て、これは「無常であり、苦であり、無我なのだ」と、体のどんな部分も「自分のものじゃない、自分の物質ではない」と観ていきます。だから、四界分別を理解するととても役に立ちます。こういう風に集中を続けていくと、ヴィッパサナーにもいけますし、そして、日常でも自分の体をどういう風にケアしてあげたらいいかわかります。

 次の法話は、もっと難しくなりますけれど、皆に理解してもらおうとがんばります。今日の話が理解できたら、次も理解しやすいでしょう。次の法話をちゃんと聞いて理解できたら、預流果になれます。次の法話まで、2日間あるのでこの間に、禅定に入ってください。皆さん、自信を持ってくださいね、この2日の間にジャーナに入るぞ、と。今日は難しい話をしてごめんなさい。でも、これは重要だということを、理解してください。ありがとうございました。
    
       サードゥ!   サードゥ!   サードゥ!

         (2019年12月30日 南房総合宿での法話  通訳:川本佳苗さん)

« 3月自主瞑想会の中止について | トップページ | ディーパンカラ・サヤレー 法話(3) »

2012/8 宝台樹高原

  • 6
    8月に合宿の行われたみなかみ町藤原は宝台樹山のふもとにあり、冬はスキー場になる高原風ののどかな村です。

2009年クムダ・セヤドーのお寺 

  • 10 セヤドーのお話を聞く
    ミャンマー・ヤンゴン市郊外モービにあるクムダ・セヤドーの瞑想センターを訪ねた方が写真を送ってくださいました。 シーマホールも完成し、そこには富士山をバックにした仏像がまつられています。

2008/8 水上合宿

  • 雨上がり
    8月に合宿の行われた水上町藤原はまさに水の里。民宿周辺の風景をお届けします。

2008 夏の風景

  • 朝霧の沢
    夏の暑い日、川の源流では入道雲が湧き、山や木々は様々な表情を見せていました。

2008/7 関西合宿・瞑想会

  • 延命寺三門にて
    大阪、河内長野市にある延命寺は弘法大師空海が開基と伝えられ、市の紅葉名所にもなっている美しいお寺です。 ここで7月、クムダ・セヤドーをお招きして一週間の瞑想合宿が開かれました。
無料ブログはココログ