« 3月経典学習会のお知らせ | トップページ | クムダ・セヤドーみなかみ合宿・部分参加の受付を始めました »

2019年4月 5日 (金)

4月経典学習会のお知らせ

4月の経典学習会は、4月14(日)に開催予定です。

4月14(日)13:30~17:00 
中板橋MCWA事務所
住所 板橋区仲町39-1 電話03-3973-3348 
予定

13:30より自主瞑想(法話は14時からですが、それまで自主的に瞑想しています)
14:00より経典の解説
16:00より質疑応答
17:00ころ終了

参加費無料
予約の必要はありません


内容:トゥ・ミンガラ比丘(Thu Mingala Bikkhu)によるダンマパダ(法句経)の解説です。

ダンマパダ(法句教)104,105、115偈

バラモン・アナタプッチャッカの物語

Atta have jitam seyyo ya cayam itara paja attadantassa posassa niccam sannatacarino.

Neva devo na gandhabbo na Maro saha Brahmuna jitam apajitam kayira tatharupassa jantuno.

「自己にうち克つことは、他の人々に勝つことよりもすぐれている。つねに行いをつつしみ、自己をととのえている人、――このような人の克ち得た勝利を敗北に転ずることは、神もガンダルヴァ(天の伎楽神)も、悪魔も、梵天もなすことができない。」

ある時、アナタプッチャッカというバラモンがブッダのところに来て言いました。「尊者よ、あなたは有益な実践については知っているが、不利益な実践については知らなと思います」と。 ブッダは、不利益なだけでなく有害な実践についても知っている、と答えました。 そして、財産の散逸をもたらす6つの行ないについて述べました。
(1)日が昇るまで寝ていること、 (2)習慣的な怠惰、(3)冷酷、(4)酔いどれや過失の原因となる薬・酒への耽溺、(5)とんでもない時間に街を徘徊すること、 (6)性的な不道徳。さらに、ブッダはバラモンに、いかに稼いでいるかを尋ねました。バラモンはサイコロによって、すなわち賭博によって生計を立てていると答えました。 次に、ブッダは彼が勝ったか負けたかを尋ねました。 バラモンは、時には負け、時には勝つと答えると、ブッダは彼にこう言いました。「サイコロ賭博の勝利は、煩悩に対する道徳的な勝利に比べたら何ほどのものでもありません」。

115   バフプッティカ尼の物語

Yo ca vassasatam jive apassam dhammamuttamam ekaham jivitam seyyo passato dhammamuttamam.

「最上の真理を見ないで百年生きるよりも、最上の真理を見て一日生きることのほうがすぐれている。」

サーヴァッティに、7人の息子と7人の娘たちと暮らす夫婦が住んでいました。 すべての子供たちは結婚し、家族はとてもうまくやっていました。
それから、父親が亡くなると、母親は子供たちに何も与えず、すべての財産を守りました。 息子と娘たちは遺産が欲しかったので、母親に言いました。「遺産からどんな利益が得られるでしょうか? それを増やして、母さんの面倒を見てはいけないでしょうか」 。彼らはそれを何度も繰り返して言ったので、母親は子供たちが自分の世話をしてくれると思いました。そして、最後には自分の分を少しも取らずに財産を分割しました。

遺産を分けてから、彼女は最初に長男の所へ行きました。長男の嫁は、「義母は、まるで二人分の遺産を渡したような顔をしてやってきて泊まっている」と小言を言いました。それでバフプッティカは次男の所へ行って泊まりましたが、ここでも同じことを言われました。 こうして、彼女は息子から息子、娘から娘へと渡り歩きました。しかし皆彼女が長く留まることを喜ばず、誰も彼女に敬意を払いませんでした。
老婦人は傷つき、子供たちににがい思いを抱き、家族を捨て比丘尼ななりました。 彼女にはたくさんの子供がいたので、バフプッティカ(子だくさん尼)として知られるようになりましたた。 バフプッティカは年老いてから比丘尼になったので、怠けてはいられないこと、残りの人生に最善を尽くさねばならないことを知っていました。それで一晩中、ブッダが教えてくれたダンマに従って瞑想しました。 ブッダは祇園精舎から神通力によって彼女を見、自ら輝きを出し、彼女の前に座っているように見えました。
それからブッダは彼女に言いました。 「私が教えたダンマを実践しないなら、たとえ百年生きたとしても役に立たない。」

 


1a



5月の予定:5月19日(日)
オバサ・セヤドーによる経典「大念住経・ 受に関する随観、心に関する随観」の解説。
テキストは、3月のお知らせをご参照ください。
http://parami-library.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/3-3bde.html








« 3月経典学習会のお知らせ | トップページ | クムダ・セヤドーみなかみ合宿・部分参加の受付を始めました »

2012/8 宝台樹高原

  • 6
    8月に合宿の行われたみなかみ町藤原は宝台樹山のふもとにあり、冬はスキー場になる高原風ののどかな村です。

2009年クムダ・セヤドーのお寺 

  • 10 セヤドーのお話を聞く
    ミャンマー・ヤンゴン市郊外モービにあるクムダ・セヤドーの瞑想センターを訪ねた方が写真を送ってくださいました。 シーマホールも完成し、そこには富士山をバックにした仏像がまつられています。

2008/8 水上合宿

  • 雨上がり
    8月に合宿の行われた水上町藤原はまさに水の里。民宿周辺の風景をお届けします。

2008 夏の風景

  • 朝霧の沢
    夏の暑い日、川の源流では入道雲が湧き、山や木々は様々な表情を見せていました。

2008/7 関西合宿・瞑想会

  • 延命寺三門にて
    大阪、河内長野市にある延命寺は弘法大師空海が開基と伝えられ、市の紅葉名所にもなっている美しいお寺です。 ここで7月、クムダ・セヤドーをお招きして一週間の瞑想合宿が開かれました。
無料ブログはココログ