« オバサ・セヤドー11月経典学習会のお知らせ | トップページ | オバサ・セヤドー経典学習会のお知らせ »

2017年10月16日 (月)

ディーパンカラ・サヤレー、南房総合宿の募集

○南房総合宿の募集

会場は、南房総、岩井海岸にある民宿です。ここは海に近く、冬でも温暖であり、海岸からは三浦半島を望み、その向こうに富士山も眺めることができます。
会場から海までは5分なので、歩行禅には最適のところです。
また、会場の裏は田んぼになっているので、ここを歩くのも良いでしょう。
自然に恵まれた地で静かに瞑想し、自らの心を見つめてはいかがでしょうか。

Photo_2
合宿の様子

日時:2017年12月28日(木)15時30分集合~2018年1月3日(水)12時ごろ解散(6泊7日)

申し込み情報:男性・女性とも若干の空きがございます。

会場:民宿 川きん 
〒299-2216 千葉県南房総市久枝749 
ホームページ http://kawakin.sakura.ne.jp/
定員: 30名 
参加費: 8,000円×宿泊数
※学割についてはご相談ください。

交通:東京駅八重洲口又はバスタ新宿より高速バスにて約80~90分、「ハイウェイオアシス富楽里」下車。徒歩20分(初日と最終日は車で送迎します)。
JR千葉駅より内房線にて1時間半、岩井駅下車。民宿まで徒歩10分。

車で行く場合、東京・神奈川方面からは、首都高速~アクアライン経由で、千葉方面からは、京葉道路~館山自動車道~富津館山道路へ。鋸南富山ICより約10分。

申し込み: お名前・住所・電話番号・性別を明記の上、メール(paramifriend@gmail.com)でお申し込みください。初めての方には、後ほどご確認のためお電話させていただきます。

定員内ならば、その時点で仮予約となります。折り返し合宿案内および申込書をメールにて送付いたします。2週間以内に参加費全額をお振り込みいただき、申込書をメールにてお送りください。申込書の到着とお振込みを確認できた時点で予約確定です。

○ディーパンカラ・サヤレー について

Img_06_2
サヤレーは子供の頃から瞑想を始め、ミャンマーのいろいろな指導者について瞑想指導を受けました。
1990年、パオ瞑想センターにて尼僧として出家し、それ以降瞑想指導者としての訓練を受けました。
1996年より世界各地の仏教センターに招かれ、オーストラリア、アメリカ、カナダ、台湾、イギリス、マレーシア、シンガポール、日本などで瞑想指導をしています。
ミャンマー・メイミョ―にサヤレーの瞑想センターがあります。

サヤレーの本が出ました。「The Happiness of a Beautiful Mind」
こちらのサイトからダウンロードできます。
http://brahmavihari.wix.com/brahmavihari#!gallery/c11fl

サヤレーの瞑想センター「brahmavihari」のホームページ
http://brahmavihari.wix.com/brahmavihari

サヤレーの指導するアーナパーナ・サティの瞑想法について
「集中力の開発」http://www.geocities.jp/bodaijubunko/a9.sayalay3.htm

 問い合わせ先:はらみつ法友会事務局(paramifriend@gmail.com)

« オバサ・セヤドー11月経典学習会のお知らせ | トップページ | オバサ・セヤドー経典学習会のお知らせ »

2012/8 宝台樹高原

  • 6
    8月に合宿の行われたみなかみ町藤原は宝台樹山のふもとにあり、冬はスキー場になる高原風ののどかな村です。

2009年クムダ・セヤドーのお寺 

  • 10 セヤドーのお話を聞く
    ミャンマー・ヤンゴン市郊外モービにあるクムダ・セヤドーの瞑想センターを訪ねた方が写真を送ってくださいました。 シーマホールも完成し、そこには富士山をバックにした仏像がまつられています。

2008/8 水上合宿

  • 雨上がり
    8月に合宿の行われた水上町藤原はまさに水の里。民宿周辺の風景をお届けします。

2008 夏の風景

  • 朝霧の沢
    夏の暑い日、川の源流では入道雲が湧き、山や木々は様々な表情を見せていました。

2008/7 関西合宿・瞑想会

  • 延命寺三門にて
    大阪、河内長野市にある延命寺は弘法大師空海が開基と伝えられ、市の紅葉名所にもなっている美しいお寺です。 ここで7月、クムダ・セヤドーをお招きして一週間の瞑想合宿が開かれました。
無料ブログはココログ