« 黄金のシュエダゴンパゴダ Golden Pagoda of Shwedagon | トップページ | はらみつ法友会 »

2016年9月13日 (火)

マンダレーのパゴダ  Pagoda of Mandalay

マンダレーはかつてのコンバウン王朝の王都であったため、重要な寺院が今も数多く残っている。
ミャンマーの人たちに必ず行くようにすすめられるのが、マハムニ・パゴダだ。ここにある黄金の仏像が有名である。

1_5

.


参道には供え物や花を売る店、仏具屋、土産物屋が並びにぎわっている。

3_3


.


仏像に金箔を貼ると、徳が積めるというので、みな熱心に貼っている。

2_2

.

さらに南に行くと、かつての都であったアマラプラにウべイン橋がある。湖にかかる1200メートルの橋で、チーク材で造られている。

4_3


.


王宮の北にはいくつかの重要なパゴダがある。クトードー・パゴダは白亜の祠が並んでいる。この中にはお経(三蔵)が書かれた大理石の石板が729枚も納められているそうだ。

6_2

.


その隣にあるサンダムニ・パゴダは、1774のパゴダが並んでいて、壮観である。

5_3

.


シュエナンドー僧院は木造でミャンマーの古い様式を残し、貴重な建物である。

7_2

.

壁には細かな彫刻が施されていて見ごたえがある。

8_2


.


マンダレ―ヒルは、王宮の北にこんもりと盛り上がった丘で、頂上にはパゴダがある。ここからは、マンダレー市内やエーヤワディ河が眺められ、夕暮れ時は、川の彼方に沈んでゆく夕日を眺める人々でにぎわう。

10_2

.


12_2

.


ここから眺めるマンダレーは、緑のなかにパゴダが点在する落ち着いた街だ。

11_2


« 黄金のシュエダゴンパゴダ Golden Pagoda of Shwedagon | トップページ | はらみつ法友会 »

2012/8 宝台樹高原

  • 6
    8月に合宿の行われたみなかみ町藤原は宝台樹山のふもとにあり、冬はスキー場になる高原風ののどかな村です。

2009年クムダ・セヤドーのお寺 

  • 10 セヤドーのお話を聞く
    ミャンマー・ヤンゴン市郊外モービにあるクムダ・セヤドーの瞑想センターを訪ねた方が写真を送ってくださいました。 シーマホールも完成し、そこには富士山をバックにした仏像がまつられています。

2008/8 水上合宿

  • 雨上がり
    8月に合宿の行われた水上町藤原はまさに水の里。民宿周辺の風景をお届けします。

2008 夏の風景

  • 朝霧の沢
    夏の暑い日、川の源流では入道雲が湧き、山や木々は様々な表情を見せていました。

2008/7 関西合宿・瞑想会

  • 延命寺三門にて
    大阪、河内長野市にある延命寺は弘法大師空海が開基と伝えられ、市の紅葉名所にもなっている美しいお寺です。 ここで7月、クムダ・セヤドーをお招きして一週間の瞑想合宿が開かれました。
無料ブログはココログ