« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月26日 (月)

オバサ・サヤドーのアビダンマ講義

9月25日のオバサ・サヤドーの講義について要点をまとめてみました

カルマについて

テーラワーダ仏教では、カルマについて―その原因と結果について信じる

過去においてしたことの結果としての現在があり、現在にする行為の結果として未来ができる

人は生まれ変わる。それは人間かも知れないし、デーヴァ(神々)かもしれない
いろいろな世界がある
梵天界(ブラフマー)
天界(デーヴァたちの世界)
人間界
阿修羅界
畜生界(動物)
餓鬼界
地獄界

カルマとは何か―行為、行い、である

人は身・口・意(体、言葉、心)でいろいろな行動をしている―その結果を受け入れなくてはならない
善い行いもあれば、悪い行いもある

カルマは、パーリ語でいうCetana(チェータナー:意志)から来ている
それは、物事を実際に行うように背後から支える
チェータナー(意志)で良いことをすればよい結果が、悪いことをすると悪い結果が生まれる
ブッダは、チェータナーはカルマであると言った

カルマの結果はなぜわかるか
1、体験して
2、考慮して
3、ブッダに教えてもらって

時期、効力、結果となる順番について
カルマの時期
1、現法受業 今生で現われる    
2、次生受業 次の生で現われる  
3、後後受業 次以降に現われる  
4、既有業  それより大きいカルマが来ると、結果として現れないカルマ

カルマのはたらき
1、令生業(ジャナカ・カンマ) それ自身で結果を作るカルマ
2、支持業 他のカルマが結果をもたらすことを助ける。
3、妨害業 令生業が結果をもたらすのを妨げるカルマ
4、殺害業 妨害だけでなく、令生業を完全に滅ぼす働きをする

カルマの順序
重業 他の業が妨害したり滅ぼしたりできないほど重いカルマ
近業 死ぬ直前にした行為が結果する
久習業 常に行っていること、今までやって来たことが現われる
己作業 上記三つがないときに前世、前前世のカルマが現われる

欲界の不善業
身業
1、殺生  生き物を殺す
2、不与取 与えられていないものを取る
3、邪欲  性的な不道徳をする

語業
1、妄語 うそ、間違っていることを言う
2、離間語 仲たがいさせることを言う
3、麁悪語 荒々しいことばを使う
4、綺後 意味のない、無益なことば

意業
1、貪欲 他人の財物を欲しがる
2、瞋恚 相手の死を願うほどの怒り、嫌悪
3、邪見 誤った考え

自分がする、他人にやらせる、他人に薦める、他人がしていることに同意する―いずれもカルマを作る

過去の行いの結果としての現在、現在の行いの結果としての未来

10
                                        (文責:岩倉)

次回は10月9日「カルマ(業)とその結果について」です

はらみつ法友会

お知らせ

ブログ名を「はらみつライブラリー」から「はらみつ法友会」に変更しました。

フェイスブック・ツイッタ―とも連携しています。

学習会での法話、講演会でのお話など載せていく予定です。

これからもご愛読ください。


P174_2


2016年9月13日 (火)

マンダレーのパゴダ  Pagoda of Mandalay

マンダレーはかつてのコンバウン王朝の王都であったため、重要な寺院が今も数多く残っている。
ミャンマーの人たちに必ず行くようにすすめられるのが、マハムニ・パゴダだ。ここにある黄金の仏像が有名である。

1_5

.


参道には供え物や花を売る店、仏具屋、土産物屋が並びにぎわっている。

3_3


.


仏像に金箔を貼ると、徳が積めるというので、みな熱心に貼っている。

2_2

.

さらに南に行くと、かつての都であったアマラプラにウべイン橋がある。湖にかかる1200メートルの橋で、チーク材で造られている。

4_3


.


王宮の北にはいくつかの重要なパゴダがある。クトードー・パゴダは白亜の祠が並んでいる。この中にはお経(三蔵)が書かれた大理石の石板が729枚も納められているそうだ。

6_2

.


その隣にあるサンダムニ・パゴダは、1774のパゴダが並んでいて、壮観である。

5_3

.


シュエナンドー僧院は木造でミャンマーの古い様式を残し、貴重な建物である。

7_2

.

壁には細かな彫刻が施されていて見ごたえがある。

8_2


.


マンダレ―ヒルは、王宮の北にこんもりと盛り上がった丘で、頂上にはパゴダがある。ここからは、マンダレー市内やエーヤワディ河が眺められ、夕暮れ時は、川の彼方に沈んでゆく夕日を眺める人々でにぎわう。

10_2

.


12_2

.


ここから眺めるマンダレーは、緑のなかにパゴダが点在する落ち着いた街だ。

11_2


黄金のシュエダゴンパゴダ Golden Pagoda of Shwedagon

ヤンゴンへ行ったら、まずシュエダゴンパゴダにお参りにしよう。
シュエダゴンは、ヤンゴンのシンボルであり、人々の信仰のよりどころである。
シュエとは金のこと。ダゴンとはヤンゴンの古い名前だ。「黄金の都,ダゴン」というような意味だろうか。
ここへ行くには、早朝、暗いうちがお薦めだ。まだ黒々とした空にを背景に、黄金のパゴダがライトアップされて浮かび上がる。人々は早いうちから参拝して、思い思いに祈ったり瞑想をしている。

1_4


.


3_2

.

4_2

.


5_2

.


6

.

7

.


8


やがて、東の空が白みかけ、その色は刻々と変化していく。小鳥の鳴き声がにぎやかになる。パッターナ(二十四縁起)を唱えているお坊さんもいる。

9

.


11


.

10

.


12

.


13


すっかり夜が明け、青空のもとに輝くパゴダが美しい。


14

.

2016年9月 2日 (金)

オバサ・セヤドー9月経典学習会のお知らせ

9月の学習会は、9月25(日)に開催予定です。

9月25日(日)13:00~17:00 
中板橋MCWA事務所
住所 板橋区仲町39-1 電話03-3973-3348 

予定

13:00より瞑想、休憩
14:00よりセヤドーの解説
16:00より質疑応答
17:00終了

参加費無料
予約の必要はありません

テキスト:今回は、オバサ・セヤドーが独自にアビダンマのテキストを作って下さり、それをもとに講義をします。

    オバサ・セヤドー学習会事務局

-----------------------------------------

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2012/8 宝台樹高原

  • 6
    8月に合宿の行われたみなかみ町藤原は宝台樹山のふもとにあり、冬はスキー場になる高原風ののどかな村です。

2009年クムダ・セヤドーのお寺 

  • 10 セヤドーのお話を聞く
    ミャンマー・ヤンゴン市郊外モービにあるクムダ・セヤドーの瞑想センターを訪ねた方が写真を送ってくださいました。 シーマホールも完成し、そこには富士山をバックにした仏像がまつられています。

2008/8 水上合宿

  • 雨上がり
    8月に合宿の行われた水上町藤原はまさに水の里。民宿周辺の風景をお届けします。

2008 夏の風景

  • 朝霧の沢
    夏の暑い日、川の源流では入道雲が湧き、山や木々は様々な表情を見せていました。

2008/7 関西合宿・瞑想会

  • 延命寺三門にて
    大阪、河内長野市にある延命寺は弘法大師空海が開基と伝えられ、市の紅葉名所にもなっている美しいお寺です。 ここで7月、クムダ・セヤドーをお招きして一週間の瞑想合宿が開かれました。
無料ブログはココログ