« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月27日 (土)

クムダ・セヤドー水上合宿のお知らせ

本年もクムダ・セヤドーを招待し、瞑想会・合宿を開催いたします。

クムダ・セヤドーの指導されるシュエティッサ僧院は、ヤンゴン郊外にあるモービの町からさらに10キロほど行った森の中にあります。
常時40人を超える修行者が滞在しており、日本からも長期に住まい、修行に励んでいらっ者る方もおられます。
セヤドーはここ10年にわたり、毎年来日され、アーナパーナ・サティ(呼吸瞑想)の指導をしてくださっています。

予定は変更になることもあります。最新情報は当ブログにてご確認ください。

予定

○群馬県水上合宿の募集

日時: 2015年8月7日(金)15時30集合~8月16日(日)13時ごろ解散(9泊10日)
場所: 〒379-1721 群馬県 水上町藤原  民宿「本家」
地図: http://navigunma.com/0278-75-2555
定員: 30名 
参加費:6,500円×宿泊日数、例えば、9泊10日の場合58,500円となります。

環境:冬は宝台樹スキー場となる標高800メートルの高原にあり、周囲には農家や民宿が点在するのどかな山村です。

交通: 上野から普通列車で高崎のりかえ、水上まで行き、関東バスで25分。バス停まで送迎予定。上野から上越新幹線を利用する場合は、上毛高原下車。水上までは関越交通バスで25分。
車で行く場合、関越自動車道の水上インターで下り藤原湖方面へ行き、上の原バス停にて宝台樹スキー場方面へ右折5分。
 
申し込み: はらみつ法友会事務局(paramifriend@gmail.com)へお名前・住所・電話番号・年齢・男女別明記の上メールでお申し込みください。初めての方には後ほど説明事項の電話をいたします。
定員内ならば、その時点で仮予約となります。折り返し合宿案内および申込書をメールにて送ります。料金全額を1週間以内に振り込んで、申込書をメールにてお送りください。申込書の到着と振込みを確認して、予約確定です。

1
合宿地は高原風の所です


○東京瞑想会

7月18日(土)14:00~19:00
7月19日(日)14:00~19:00
8月2日(日) 14:00~19:00 

いずれも会場は、板橋区南板橋公園集会所
住所:板橋区板橋1-39-1
(東上線下板橋駅より徒歩5分、JR板橋駅より徒歩10分、地下鉄三田線新板橋駅より徒歩10分。地図参照)

Photo


予約の必要はありません。座布団はあります。
参加費:無料、セヤドーへのお布施を受け付けています。
瞑想しやすい服装でおいで下さい。(タンクトップ、短パンは厳禁)


問い合わせ先:はらみつ法友会事務局(paramifriend@gmail.com) 

2015年6月19日 (金)

オバサセヤドー7月経典学習会のお知らせ

次回の学習会は、7月12日(日)に開催予定です。

7月12日(日)13:00~17:00 
中板橋MCWA事務所(地図参照)
住所 板橋区仲町39-1 電話03-3973-3348 
東武東上線中板橋駅より徒歩5分

Mcwa


予定

13:00より瞑想、休憩
14:00よりセヤドーの解説
16:00より質疑応答
17:00終了

参加費無料
予約の必要はありません

テキスト:「ダンマパダ」安楽の章 197~199の偈

----------------------------------
偈197
怨みを懐く者らの中に
怨みを懐かず安楽に生きよう
怨みを懐く人々の中に
怨みを懐かず安楽に住もう

偈198
苦しみ悩む者らの中に
苦しみ悩まず安楽に生きよう
苦しみ悩む人々の中に
苦しみ悩まず安楽に住もう

偈199
貪り求める者らの中に
貪り求めず安楽に生きよう
貪り求める人々の中に
貪り求めず安楽に住もう

(「ダンマパダ」大蔵出版 片山一良 訳)

ブッダが親族に平和をもたらした話

ブッダは、シャカ族の国において、ローヒニー川の水利をめぐって争っていた親族たちに関してこの偈を語りました。

シャカ族の町であるカピラヴァツとコーリア族の町コーリアは、ローヒニー川の両岸に位置していました。両岸の農民はローヒニー川から土地に水をひき耕作していました。

ある年、雨が少なく、水田や他の作物も乾き始めていました。
両岸の農民は、自分たちの岸の側だけで水を使いたいと思いました。
コーリアの人々は、「川には両岸で使えるだけの十分な水はないから、もう一度自分たちの田に水を引き入れさせてくれれば、作物が成長し実るまでに十分だ」と主張しました。

一方、カピラヴァッツの人々は、「そうした場合、我々は水を使うことができず、作物は間違いなく育たないだろう。そうなると、食料を他の人々から買わなくてはならない。しかし、対岸の人々から食料を買うたの、お金や財宝の準備ができていない」と言い返しました。

それぞれの岸の人々は、自分達の側だけで使いたいと思い、荒々しい言葉と非難のために悪意を持つようになりました。
農民たちの間でのこの争いごとは、関係する大臣の耳に入りました。
大臣は、それぞれの王様にこの問題を報告し、双方は戦争の準備を始めました。

ブッダは神通力でこの世界を眺めていて、両岸の親族たちが戦争に突入しようとするのを見て、それを止めさせることを決意しました。
ブッダは一人で空を飛び、川の真ん中の空中に止まりました。
親族たちは、ブッダが力強く、しかし穏やかに彼らの頭上の空中で座っているのを見て、武器を隠し、ブッダに敬意を払いました。

するとブッダは、「たいして価値のない、わずかな水のために、貴重で価値ある生命を破壊するようなことをしてはならない。
なぜ君たちはこんな愚かなことをしたのか。もし私が止めなかったら、こうして流れている川のように、君たちの血が流されていただろう。
君たちは、敵を怨んで暮らしているが、私には怨むべきものがない。
君たちは、道徳的な汚れ(煩悩)で苦しんでいるが、私はそこから自由だ。君たちは感覚の喜びを貪ろうとしているが、私は貪ることがない」。

そしてブッダは、次の偈を唱えました。

Susukham vata jîvâma
verinesu averino
verinesu manussesu
viharâma averino.

Susukham vata jîivâma
aturesu1 anatura
aturesu manussesu
viharâma anatura.

Susukham vata jîvâma
ussukesu anussuka
ussukesu manussesu
viharâma anussuka.

怨みを懐く者らの中に
怨みを懐かず安楽に生きよう
怨みを懐く人々の中に
怨みを懐かず安楽に住もう

苦しみ悩む者らの中に
苦しみ悩まず安楽に生きよう
苦しみ悩む人々の中に
苦しみ悩まず安楽に住もう

貪り求める者らの中に
貪り求めず安楽に生きよう
貪り求める人々の中に
貪り求めず安楽に住もう

法話を聞いて、多くの人々が預流果を得ました。

2015年6月 4日 (木)

クムダ・セヤドー来日の予定

今年の夏もクムダ・セヤドーが来日し、瞑想会・合宿の指導をしてくださることになりました。
現在ところ次の予定を考えています。予定は変更になることもありますので、直近の情報は、当ブログをご覧ください。

予定

東京瞑想会
7月18、19日(土、日) 14:00~19:00
8月2日(日) 14:00~19:00 

いずれも会場は、板橋区南板橋公園集会所
住所:板橋区板橋1-39-1
(東上線下板橋駅より徒歩5分、JR板橋駅より徒歩10分、地下鉄三田線新板橋駅より徒歩10分。地図参照)

Photo

予約の必要はありません。座布団はあります。
参加費:無料、セヤドーへのお布施を受け付けています。
瞑想しやすい服装でおいで下さい。

合宿
8月7日(金)~16日(日) 群馬県水上にて合宿(募集は6月中旬より)

連絡先:はらみつ法友会 paramifriend@gmail.com 

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2012/8 宝台樹高原

  • 6
    8月に合宿の行われたみなかみ町藤原は宝台樹山のふもとにあり、冬はスキー場になる高原風ののどかな村です。

2009年クムダ・セヤドーのお寺 

  • 10 セヤドーのお話を聞く
    ミャンマー・ヤンゴン市郊外モービにあるクムダ・セヤドーの瞑想センターを訪ねた方が写真を送ってくださいました。 シーマホールも完成し、そこには富士山をバックにした仏像がまつられています。

2008/8 水上合宿

  • 雨上がり
    8月に合宿の行われた水上町藤原はまさに水の里。民宿周辺の風景をお届けします。

2008 夏の風景

  • 朝霧の沢
    夏の暑い日、川の源流では入道雲が湧き、山や木々は様々な表情を見せていました。

2008/7 関西合宿・瞑想会

  • 延命寺三門にて
    大阪、河内長野市にある延命寺は弘法大師空海が開基と伝えられ、市の紅葉名所にもなっている美しいお寺です。 ここで7月、クムダ・セヤドーをお招きして一週間の瞑想合宿が開かれました。
無料ブログはココログ