« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月28日 (日)

オバサセヤドー10月経典学習会のお知らせ

10月の学習会は、10月12日(日)に開催予定です。

10月12日(日)13:00~17:00 
中板橋MCWA事務所(地図参照)
住所 板橋区仲町39-1 電話03-3973-3348 
東武東上線中板橋駅より徒歩5分
Mcwa


予定

13:00より瞑想、休憩
14:00よりセヤドーの解説
16:00より質疑応答
17:00終了

参加費無料
予約の必要はありません

テキスト:「小部経典」ラタナ・スッタ(宝経)

---------------------------------------

Ratana Sutta (宝経)                 

ヤーニーダ ブーターニ サマーガターニー ブッマー ニ ヴァー ヤーニヴァ アンタリッケー    
Yânîdha bhûtâni samâ-gatâni Bhummâ nivâ yâni va antalikkhê   
    
サッベーヴァ ブーター スマナー バヴァントゥ アトーッピ サッカッチャ スナントゥ バースィタン 
Sabbe va bhûtâ sumanâ bhavantu Athopi sakkacca sunantu bhâsitam
 
タスマー ヒ ブーター ニサーメータ サッベー メッタン カロータ マーヌスィヤー パジャーヤ
Tasmâhi bhûtâ nisâmetha sabbe Mettam karôtha mânusiya pajâya   
    
ディヴァー チャ ラットー チャ ハランティ イェーバリン タスマーヒ ネー ラッカタ アッパマッター
Divâ ca rattô ca haranti yê balim Tasmâhi nê rakkhatha appamattâ   
 
ヤンキンチィ ヴィッタン イダ ヴァー フラン ヴァー サッゲース ヴァー ヤン ラタナン パニータン
Yankinci vittam idhavâ huram vâ Saggêsu vâyam ratanam panîtam  
   
ナ ノー サマン  アッティ タターガテーナ
Nano-samam atthi tathâgatena

イダンピ ブッデー ラタナン  パニータン エーテーナサッチェーナスヴァッティホートゥ
Idampi Buddhê ratanam panîtam Etena saccena suvatthi hotu    

カヤン  ヴィラーガン アマタン パニータン ヤダッジャガー サキャムニー サマーヒトー
Khayam virâgam amatam panitam Yadajjhagâ sakyamunî samâhito  

ナ テーナ ダッメーナ  サマッティ キンチィ
Natena dhammena samatthi kincî

イダンピ ダッメー  ラタナン  パニータン エーテーナ サッチェーナ スヴァッティ ホートゥ
Idampi Dhamme ratanam panîtam  Etena saccena suvatthi hotu

ヤン ブッダ セットー  パリバンナイー スチィン 
Yambuddha settho parivannayî sucim 

サマーディ マーナンタリ カンニャ マーフ   サマーディナー テーナ サモー ナ ヴィッジャティ
Samâdhi mânantari kañña mâhû  Samâdhinâ tena samo na vijjatî  

イダンピ ダッメー  ラタナン  パニータン エーテーナ サッチェーナ スヴァッティ ホートゥ
Idampi Dhamme ratanam panîtam Etena saccena suvatthi hotu

イェー プッガラー アッタ サタン パサッター  チャッターリ エーターニ ユガーニ ホンティ
Ye puggalâ attha satam pasatthâ Cattâri etâni yugâni honti

テー ダッキネッヤー スガタッサ サーヴァカー エーテース ディンナーニ マハッパラーニ
Te dakkhineyyâ sugatassa sâvakâ Etesu dinnâni mahapphalânî 

イダンピ サンゲー ラタナン パニータン エーテーナ サッチェーナ スヴァッティ ホートゥ
Idampi Sanghe ratanam panitam Etena saccena suvatthi hôtu

イェー スッパユッター マナサー ダルヘーナ  ニッカーミノー ゴータマ サーサナンヒー
Yê suppa-yuttâ manasâ dalhena Nikkâmino Gotama-sâsanamhî   

テー パッティ パッター アマタン ヴィガイハー ラッダー ムダー ニッブティン ブンジャマーナー
Te patti pattâ amatam vigayha Laddhâ mudhâ nibbutim bhunjamâna 

イダンピ サンゲー ラタナン パニータン エーテーナ サッチェーナ スヴァッティ ホートゥ
Idampi Sanghe ratanam panitam Etena saccena suvatthi hôtu

ヤティンダ キーロー パタヴィン スィトースィヤー チャトゥッビ ヴァーテービ アサンパ カンピヨー
Yathinda khîlô pathavim sito siya Catubbhi vâtebhi asampa kampiyo

タトゥパマン  サップリサン  ヴァダーミー ヨーアリヤ サッチャーニ アヴェッチャ パッサティ
Tathûpamam sappurisam vadâmi Yo ariya saccâni avecca passatî  

イダンピ サンゲー ラタナン パニータン エーテーナ サッチェーナ スヴァッティ ホートゥ
Idampi Sanghe ratanam panitam Etena saccena suvatthi hôtu

イェー アリヤ サッチャーニ ヴィバーヴァヤンティ ガンビーラ パンニェーナ スデースィターニ
Ye ariya saccâni vibhâva-yanti Gambhîra-paññena sudesitâni   

キンチャーピ テー ホンティ ブサッパマッター ナ テー バヴァン  アッタマン アーディヤンティー
Kincâpi te honti bhusappa mattâ Na tê bhavam atthamam âdiyanti  

イダンピ サンゲー ラタナン  パニータン エーテーナ サッチェーナ スヴァッティ ホートゥ
Idampi Sanghe ratanam panitam Etena saccena suvatthi hôtu

サハー ヴァッサ ダッサナ  サンパダーヤー  タヤッス ダンマー  ジャヒター バヴァンティー
Sahâ vassa dassana sampadâya Tayassu dhammâ jahitâ bhavantî  

サッカーヤディッティ ヴィチィキッチィタンチャー スィーラッバタン ヴァーピ ヤダッティ キンチィ
Sakkâya-ditthi vici-kicchi-tanca Sîlabbatam vâpi yadatthi kinci  

チャトゥーハパーイェーヒ チャ ヴィッパムットー チャ チャービターナーニ アバッボー カートゥン
Catû hapâyehica vippa muttô Cha câbhi thânâni abhabbo kâtum  

イダンピ サンゲー ラタナン  パニータン エーテーナ サッチェーナ スヴァッティ ホートゥ
Idampi Sanghe ratanam panitam Etena saccena suvatthi hôtu

キンチャーピ ソー カッマン カローティ パーパカン カーイェーナ ヴァーチャー ウダ チェータ サーヴァー
Kincâpi so kammam karoti pâpakam Kâyena vâcâ uda cetasâ vâ 

アバッボー ソー タッサ パッティチャーダーヤー アバッバター ディッタ パダッサ ヴッター
Abhabbo so tassa paticchâ-dâya Abhabbatâ dittha padassa vuttâ   

イダンピ サンゲー ラタナン パニータン エーテーナ サッチェーナ スヴァッティ ホートゥ
Idampi Sanghe ratanam panitam Etena saccena suvatthi hôtu

ヴァナッパ  グンベー  ヤター プッスィタッゲー  ギムハーナ マーセー パタマスミン  ギムヘー
Vanappa gumbhe yathâ phussitagge Gimhâna-mâse pathamasmim gimhe 

タトゥー パマン ダンマ  ヴァラン  アデーサイー ニッバーナ ガーミン パラマン  ヒターヤ   
Tathû pamam dhamma varam adesayi Nibbâna gâmim paramam hitâya 

イダンピ ブッデー ラタナン  パニータン エーテーナ サッチェーナ スヴァッティ ホートゥ
Idampi Buddhê ratanam panîtam Etena saccena suvatthi hotu    

ヴァロー ヴァランニュー ヴァラドー ヴァラーハロー アヌッタロー ダンマ ヴァラン アデーサイー
Varô varaññû varado varâharo Anuttaro dhamma varam adesayi   

イダンピ ブッデー ラタナン パニータン エーテーナ サッチェーナ スヴァッティ ホートゥ
Idampi Buddhê ratanam panîtam Etena saccena suvatthi hotu    

キーナン プラーナン ナヴァン ナッティ サンバヴァン 
Khinam purânam navam natthi sambhavam
               
ヴィラッタ チィッター アーヤティケー バヴァスミン
Viratta cittâ âyatike bhavasmim

テー キーナ ビージャー アヴィルルヒッチャンダー ニッバンティ ディーラー ヤター ヤン パディーポー
Te khina-bijâ avirul-hicchandâ Nibbanti dhîra yathâ-yam padipô 

イダンピ サンゲー ラタナン パニータン エーテーナ サッチェーナ スヴァッティ ホートゥ
Idampi Sanghe ratanam panitam Etena saccena suvatthi hôtu

ヤーニーダ ブーターニ サマーガターニー ブッマーニ ヴァー ヤーニヴァ アンタリッケー
Yanîdha bhûtâni samâ-gatâni Bhummâ-nivâ yâniva anta-likkhê       

タターガタン デーヴァマヌッサ プージタン ブッダン ナマッサーマ スヴァッティ ホートゥ
Tathagatam deva-manussa-pûjitam Buddham namassâma suvatthi hôtu 

ヤーニーダ ブーターニ サマーガターニー ブッマーニ ヴァー ヤーニヴァ アンタリッケー
Yanîdha bhûtâni samâ-gatâni Bhummâ-nivâ yâniva anta-likkhê       
            、
タターガタン デーヴァマヌッサ プージタン ダンマン ナマッサーマ スヴァッティ ホートゥ
Tathagatam deva-manussa-pûjitam Dhammam namassâma suvatthi hôtu 

ヤーニーダ ブーターニ サマーガターニー ブッマーニ ヴァー ヤーニヴァ アンタリッケー
Yanîdha bhûtâni samâ-gatâni Bhummâ-nivâ yâniva anta-likkhê       
        
タターガタン デーヴァマヌッサ プージタン サンガン ナマッサーマ スヴァッティ ホートゥ
Tathagatam deva-manussa-pûjitam Sangham namassâma suvatthi hôtu 
 
--------------------------------------------------------------------

宝経     ウ・ウェープッラ長老訳

ここに集まった神々は地上のものでも空中のものでも、すべての神々は歓喜せよ、そして(我が)説教をうやうやしく聞け。

それゆえに一切の神々は耳を傾けよ。人々に慈しみを垂れよ。人々は昼夜に供物を捧げるがゆえに、それゆえ不放逸にしてその人々を守れ。

この人間界、他の竜などの世界におけるいかなる富でも、あるいは天界におけるいかなる勝れた宝でも、我々にとっては如来に等しいものは何もない。仏におけるこの宝こそ勝れた(宝で)ある。この真実話によって幸福があれ。

道によって心を統一された釈迦牟尼が得られた煩悩の滅尽、離貪、不死、最勝の(涅槃の)法に等しいものは何もない。法におけるこの宝こそ勝れた(宝で)ある。この真実話によって幸福があれ。

最も勝れた仏が讃嘆された清らかな(道の法なる)定を、(諸仏は)「間をおかず果を与える定」と説かれた。この定に等しいものは何もない。法におけるこの宝こそ勝れた(宝で)ある。この真実語によって幸福があれ。

善人によって賞讃される八輩の聖者、これら四双の善逝の弟子は供養を受けるに値いし、彼らに施したものは大きな果報を齎(もた)らす。僧におけるこの宝こそ勝れた(宝で)ある。この真実語によって幸福があれ。
              
仏の教えにおいて堅固な定心をもってよく努力し、解脱した人々(阿羅漢)は達すべき果定の境地に達し、不死(の涅槃)に潜入し代償なくして得、(果定の)平安の楽しみを享受する。 僧におけるこの宝こそ勝れた(宝で)ある。この貢実語によって幸福があれ。

諸々の聖なる真理を透徹して見る(預流果の)善人はあたかも大地に立つ城門の柱が四方の風に揺れ動かないようであると私(仏)は説く。僧におけるこの宝こそ勝れた(宝で)ある。この真実語によって幸福があれ。

甚深の智慧ある(仏)によって善く説かれた諸々の聖なる真理を諦らめる(極七返生の預流果の)聖者はたとえ大放逸に陥ることがあっても、第八の生を受けることがない。僧におけるこの宝こそ勝れた(宝で)ある。この真実語によって幸福があれ。

有身見と疑と習性行(戒禁)の三つは預流道の智見の成就と同時に捨断される。その他のいかなる(煩悩)も(捨断される)。預流者は四離善地(四悪趣)より解脱し、六つの重罪を作ることがあり得ない。僧におけるこの宝こそ勝れた(宝で)ある。この真実語によって幸福があれ。

身業、―あるいは口業、あるいは意業によってたとえ悪業をなしたとしても、彼(預流者)はそれを隠すことはあり得ない。涅槃を見た者は(隠すことは)あり得ないと説かれている。僧におけるこの宝こそ勝れた(宝で)ある。この真実語によって幸福があれ。

夏の最初の月(四月)に花の満開する密林に譬えられる涅槃に至る勝れた法を最上の利益のために(仏は)説かれた。仏におけるこの宝こそ勝れた(宝で)ある。この真実語によって幸福があれ。

(一切智によって)勝れ、勝れた涅槃を知り、勝れた法を与え、勝れた道を齎(もた)らす無上の(世尊)は勝れた教法を説かれた。仏におけるこの宝こそ勝れた(宝で)ある。この真実語によって幸福があれ。

古い業は尽き、新しい(業の)発生はなく、未来の生存に心が執着せず(結生の)種子が尽き、有の存在の生長することを欲しない彼ら賢者(阿羅漢)たちはこの灯火のように消滅する。僧におけるこの宝こそ勝れた(宝で)ある。この真実語によって幸福があれ。

ここに集まった地上の神々や空中に住む神々である(この)我らは、神々や人間に尊敬され、このように成就した仏を礼拝しよう。幸福があれ。
ここに集まった地上の神々や空中に住む神々である(この)我らは、神々や人間に尊敬され、このように成就した法を礼拝しよう。幸福があれ。
ここに集まった地上の神々や空中に住む神々である(この)我らは、神々や人間に尊敬され、このように成就した僧を礼拝しよう。幸福があれ。

2014年9月 1日 (月)

オバサセヤドー9月経典学習会のお知らせ

9月の学習会は、9月28日(日)に開催予定です。

9月28日(日)13:00~17:00 
中板橋MCWA事務所(地図参照)
住所 板橋区仲町39-1 電話03-3973-3348 
東武東上線中板橋駅より徒歩5分

Mcwamap


予定

13:00より瞑想、休憩
14:00よりセヤドーの解説
16:00より質疑応答
17:00終了

参加費無料
予約の必要はありません

テキスト:「小部経典」メッタ・スッタ(慈経)

メッタ・スッタ(慈経)については「5月のお知らせ」をご覧ください。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2012/8 宝台樹高原

  • 6
    8月に合宿の行われたみなかみ町藤原は宝台樹山のふもとにあり、冬はスキー場になる高原風ののどかな村です。

2009年クムダ・セヤドーのお寺 

  • 10 セヤドーのお話を聞く
    ミャンマー・ヤンゴン市郊外モービにあるクムダ・セヤドーの瞑想センターを訪ねた方が写真を送ってくださいました。 シーマホールも完成し、そこには富士山をバックにした仏像がまつられています。

2008/8 水上合宿

  • 雨上がり
    8月に合宿の行われた水上町藤原はまさに水の里。民宿周辺の風景をお届けします。

2008 夏の風景

  • 朝霧の沢
    夏の暑い日、川の源流では入道雲が湧き、山や木々は様々な表情を見せていました。

2008/7 関西合宿・瞑想会

  • 延命寺三門にて
    大阪、河内長野市にある延命寺は弘法大師空海が開基と伝えられ、市の紅葉名所にもなっている美しいお寺です。 ここで7月、クムダ・セヤドーをお招きして一週間の瞑想合宿が開かれました。
無料ブログはココログ