« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

オバサセヤドー5月経典学習会のお知らせ

5月の学習会は、5月11日(日)に開催予定です。

5月11日(日)13:00~17:00 
中板橋MCWA事務所(地図参照)
住所 板橋区仲町39-1 電話03-3973-3348 
東武東上線中板橋駅より徒歩5分

Mcwamap


予定

13:00より瞑想、休憩
14:00よりセヤドーの解説
16:00より質疑応答
17:00終了

参加費無料
予約の必要はありません

テキスト:「小部経典」メッタ・スッタ(慈経)

---------------------------------------
    Karaniya Metta Sutta (慈経)  
        
カラニーヤ  マッタ クサレーナ ヤン タン サン タン  パダン  アビサメッチャ
Karanîya mattha kusalena Yantam santam padam abhi-samecca   
なすべき  頭   善行 ところのものそれは 静寂の  現観する  
        
サッコー ウジューチャ スージューチャ スワチョー チャッサ ムドゥ  アナティマーニー
Sakko uju ca sûjû ca  Suvaco cassa mudu anatimâni     
できる 正しい  真直の   従順の   柔軟  高慢でない   
      
サントゥッサコー チャ スバロー チャ アッパ キッチョー チャ サッラフカ ヴッティ
Santussako ca subharo ca Appa-kicco ca sallahuka-vutti      
満足する    扶養しやすい 少ないー行事   軽い― 生活  
      
サンティンドゥリョー チャ ニパコーチャ アッパ ガッボー クレース  アナヌギッドー
Santindriyo ca nipako ca  Appa-gabbho kulesu ananu giddho   
静寂の感官    賢明な   少ない―房   家    貪欲のない  
 
ナ チャ  クッダン   サマーチャレー キンチ イェーナ ウィンニュー パレ- ウパワディッユン
Naca khuddham samâcare kinci  Yena viññû pare upava-deyyum 
なし  劣ったふるまい 何ものか それをもって 識者 超えて  非難―与えられるべき  

スキノー ワー  ケーミノー ホントゥー サッベー サッター バワントゥ スキタッター
Sukhino vâ khemino hontu  Sabbe sattâ bhavantu sukhi-tattâ   
幸福  または安穏な  である すべての  有情 である    幸福        

イェーケーチ パーナ ブータッティ タサーワー ターワラー ワー アナワセーサー
Ye keci pâna bhû-tatthi Tasâvâ thâvarâ vâ anava sesâ 
     生物  生類   ふるえる 動じない    ことごとく      

ディーガー ワー イェー マハンター ワー マッジマー ラッサカーヌカ  トゥーラー
Dighâ vâ ye mahantâ vâ Majjhimâ-rassa-kânuka thûlâ   
長い      大きい    中位の  短い     粗大な    

ディッター ワー イェー ワ アッディッター イェー チャ ドゥーレー ワサンティ アヴィドゥーレー
Ditthâ vâ yeva additthâ   Ye ca dûre vasanti avidûre  
見える       見えない      遠い    住む  遠くない   

ブーター ワー サンバウェースィー ワー サッベー サッター バワントゥ スキタッター
Bhûtâ vâ sambhavesi vâ  Sabbe sattâ bhavantu sukhi-tattâ
生物     発生する   すべての  有情  である    幸福      

ナ パロー  パラン  ニクッベーター ナーティ マンニェータ カッタチナン カンチ
Na  paro  param nikubbetha  Nâti-mannêtha katthaci nam kanci  
なし こえて さらに  騙す   止まった 思う どこか   誰か      

ビャーローサナー パティガ サンニャー ナーンニャマンニャッサ ドゥッカ ミッチェッヤ
Byâro-sanâ patigha-saññâ  Nâññâ-maññassa dukkha-miccheyya  
怒り        思い    思う      苦  邪悪に    

マーター ヤターニヤン プッタン アーユサー エーカ プッタ マヌラッケー
Mâtâ yathâ niyam puttam  Âyusâ eka-putta- manu rakkhe
母 のように 必ず 子   寿命   一人子    護る 
      
エーワンピ サッバ ブーテース マーナサン バーワイェー アパリマーナン
Evampi sabba bhûtesu   Mânasam-bhâvaye apari-mânam 
このように すべての 生物    人は 習する  無量       

メッタン チャ サッバ ローカスミン マーナサン バーワイェー アパリマーナン
Mettañca sabba lôkasmin  Manasam-bhâvaye apari-mânam
慈しみ すべての   世界   人は   修習する  無量   
   
ウッダン アドー チャ ティリヤン チャ アサンバーダン アベーラン アサパッタン
Uddham adhô ca tiriyanca   Asam-bâdham averam asa-pattam  
上に   下に   横に   無障害の  怨みのない 敵意のない   

ティッタン チャラン ニスィンノー ワー サヤーノー ワー ヤーワタッサ ヴィガタミッドー
Tittham caram nisinno vâ  Sayâno vâ yâva tassa vigata middho 
立つ    歩く   座る     臥す   限りは それ 去れる 睡眠   

エータン サティン アディッテェッヤ ブラフマメータン ヴィハーラン イダマーフ
Etam satim adhitthheyya Brahma metam viharam idha-mâhu  
この  サティ  決意して    梵      住す   ここ      

ディッティンチャ アヌパガンマ スィーラワー ダッサネーナ サンパンノー
Ditthiñca anupa gamma sîlavâ  Dassa-nena sampanno    
(悪)見に  近づかない  戒ある 見によって  具足する      
 
カーメース ヴィネッヤ ゲーダン ナヒジャートゥ ガッバ セッヤン プナレーティー ティ
Kâmesu vineyya gedham  Nahi jâtu gabbha seyyam punaretî ti 
邪な   教導する 貪求 ない 生まれる 胎   寝床  再び  
  


慈経  ウ・ウェーブッラ長老 訳

この安らかな涅槃を見て(おりたい)ものごとに達した人は次のことを行うべきである。修行する能力があり、(身・語は)、直く、(意・語は)最も直く、忠告を素直に受け入れ、柔和であり、高慢であってはならない。

足ることを知り、養いやすく、雑務が少なく、生活は簡素であり、もろもろの感官は静まり、深い思慮があり、(身・語・意において)粗暴なく、信者の人々に対し、貪欲を起こしてはならない。

他の賢者たちから非難されるような下劣なことを決して行ってはならない。一切の生き物は幸福であれ。安泰であれ。安楽であれ。

生きとし生けるものは悉く、怯えているものも、強剛なものも、長いものも、大きいものも、中位のものも、短いものも、微細なものも、平たいものも(貝・亀など)も、見たことのあるものも、見たことのないものも、遠くに住むものも、近くに住むもの者も、すでに生まれたものも、これから生まれようとするもの者、一切の生き物は安楽であれ。

人は他の人を欺くな。どんな場合にも決して人を軽んじるな。身・語の行いや、瞋恚(いかり)の心をもって互いに他人の苦しみを望んではならない。

母親が自分の一人子を生命をかけて護るように、一切の生き物に対しても無量の(慈しみの)心を起せ。
一切の世界に対して上に、下に、また、横に、無量の慈しみの心を広く、(内)敵の怨恨(うらみ)もなく、(外)敵の障害もないようにして修習せよ。

立っていても、歩いていても、坐っていても、あるいは横になっていても、眠らないでいる限りは、この(慈しみ)の念をしっかりと持つ。これが梵住(最勝の生き方)であると、この仏教では説かれたのである。

(この慈しみの修習を行う人は)我見にとらわれず、戒を持ち、知見を備え、(五)欲に対する貪求(むさぼり)を除いて、実に再び母胎に宿ることはないであろう。


2014年4月25日 (金)

5月以降のパオ日曜瞑想会および「原始仏教トーク」のお知らせ

5月11日(日) 六義園心泉亭(自主瞑想会、9:00~16:00) 東京都文京区本駒込六丁目

5月18日 (日)文京区大塚北交流館(アビダンマ講座+原始仏教トーク) 東京都文京区大塚6丁目15−3

「原始仏教トーク」第4回『徳と波羅蜜』14:00-16:00 文京区大塚北交流館
http://goo.gl/maps/sGb98 pic.twitter.com/fh6QVSSnjP


Poster2014004a

参加費:無料(ご喜捨)
申込不要

5月25日(日)板橋区中台二丁目集会所 板橋区中台2-43-20

6月1日(日)文京区大塚北交流館(午前アビダンマ講座、午後は原始仏教トークの予定)
地図 http://goo.gl/maps/sGb98
東京都文京区大塚6丁目15−3 JR山手線大塚駅・地下鉄丸ノ内線新大塚駅下車

6月8日(日)板橋区見次公園内集会所
地図 https://goo.gl/maps/Q5sfD
板橋区前野町4丁目59番1号  都営三田線志村坂上駅下車

6月13日(金)~16日(月)合宿 旧民宿「ビルマ」
静岡県伊東市赤沢171-23
地図 https://goo.gl/maps/OxPaA


詳しくは、ホームページ「パオ森林僧院」をご覧ください。
http://www.paauk.jp/

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2012/8 宝台樹高原

  • 6
    8月に合宿の行われたみなかみ町藤原は宝台樹山のふもとにあり、冬はスキー場になる高原風ののどかな村です。

2009年クムダ・セヤドーのお寺 

  • 10 セヤドーのお話を聞く
    ミャンマー・ヤンゴン市郊外モービにあるクムダ・セヤドーの瞑想センターを訪ねた方が写真を送ってくださいました。 シーマホールも完成し、そこには富士山をバックにした仏像がまつられています。

2008/8 水上合宿

  • 雨上がり
    8月に合宿の行われた水上町藤原はまさに水の里。民宿周辺の風景をお届けします。

2008 夏の風景

  • 朝霧の沢
    夏の暑い日、川の源流では入道雲が湧き、山や木々は様々な表情を見せていました。

2008/7 関西合宿・瞑想会

  • 延命寺三門にて
    大阪、河内長野市にある延命寺は弘法大師空海が開基と伝えられ、市の紅葉名所にもなっている美しいお寺です。 ここで7月、クムダ・セヤドーをお招きして一週間の瞑想合宿が開かれました。
無料ブログはココログ