« 「パオ森林僧院」のホームページができました | トップページ | ボーディチッタ比丘尼・法話+冥想会 »

2013年10月24日 (木)

オバサ・セヤドー経典学習会のお知らせ

12月の学習会は、12月22日(日)に開催予定です。
12月22日(日)13:00~17:00 
中板橋MCWA事務所(地図参照)
住所 板橋区仲町39-1 電話03-3973-3348 
東武東上線中板橋駅より徒歩5分


Mcwamap


予定

13:00より瞑想、休憩
14:00よりセヤドーの解説
16:00より質疑応答
17:00終了

参加費無料
予約の必要はありません

テキスト:「増支部経典」カーラーマ・スッタ

----------------------------------

ある時ブッダは、カーラーマ人の町、ケーサプッタに入り人々から質問を受ける。

「今まで多くの比丘やバラモンがこの町を訪れ、彼らの教義を真理として語ったけれど、他人の教義については非難をする。誰が真理を語り、誰が間違っているのでしょうか?」
これに対しブッダは、次のように答え、考えるための10の基準を示した。

お告げだからと言って従わないこと。(mā anussavena)
伝統だからと言って従わないこと。(mā paramparāya)
風聞に従わないこと。(mā itikirāya)
権威ある聖典だからと言って従わないこと。(mā piṭakasampadānena)
論理的な見地だからと言って従わないこと。(mā takkahetu)

合理的に見える見解だからと言って従わないこと。(mā nayahetu)
単なる外見を見て従わないこと。(mā ākāraparivitakkena)
自分がそれに同意したからと言ってその見解に従わないこと。(mā diṭṭhinijjhānakkhantiyā)
その人が有能であるからと言ってその主張に従わないこと。(mā bhabbarūpatāya)
'この出家者は私たちの先生である'からと考えて従わないこと。(mā samaṇo no garūti)

カーラーマの人々よ、あなたがたが「これらのことは不善であり、非難に値し、賢明な人に非難されるものであると知り、実際に行ってみて「これらは不善であり有害である」と気付いたならばそれを放棄すべきです。

カーラーマの人々よ、あなたがたが「これらのことは善であり、賞賛に値し、賢明な人に賞賛されるものであると知り、実際に行ってみて「これらは有益であり、幸福につながる」と気付いたならばそれを守るべきです。


« 「パオ森林僧院」のホームページができました | トップページ | ボーディチッタ比丘尼・法話+冥想会 »

2012/8 宝台樹高原

  • 6
    8月に合宿の行われたみなかみ町藤原は宝台樹山のふもとにあり、冬はスキー場になる高原風ののどかな村です。

2009年クムダ・セヤドーのお寺 

  • 10 セヤドーのお話を聞く
    ミャンマー・ヤンゴン市郊外モービにあるクムダ・セヤドーの瞑想センターを訪ねた方が写真を送ってくださいました。 シーマホールも完成し、そこには富士山をバックにした仏像がまつられています。

2008/8 水上合宿

  • 雨上がり
    8月に合宿の行われた水上町藤原はまさに水の里。民宿周辺の風景をお届けします。

2008 夏の風景

  • 朝霧の沢
    夏の暑い日、川の源流では入道雲が湧き、山や木々は様々な表情を見せていました。

2008/7 関西合宿・瞑想会

  • 延命寺三門にて
    大阪、河内長野市にある延命寺は弘法大師空海が開基と伝えられ、市の紅葉名所にもなっている美しいお寺です。 ここで7月、クムダ・セヤドーをお招きして一週間の瞑想合宿が開かれました。
無料ブログはココログ