« オバサ・セヤドー10月経典学習会のお知らせ | トップページ | オバサセヤドー経典学習会のお知らせ »

2011年9月15日 (木)

川本佳苗さんが国連主催の仏教会議でパネリストに : 11月5日(土)報告会

今年5月に開催された、仏教の国際学会で世界最大のウェーサク祭(Vesak)2011にて、川本佳苗さんがパネリストの一人に選ばれました。発表した論文は「Buddhism and Suicide;Right Attitude towards Death(仏教と自殺-死に対する正しい態度-)」です。
日本をはじめ、増加する自殺問題に仏教からのアプローチをしています。

川本さんは京都の佛教大学を卒業後、ヤンゴンの仏教大学に留学、モービ僧院へもたびたび瞑想に来られていました。
今年は仏教大学を卒業され、さらにタイのマハーチュラロンコン大学の大学院へ通っています。

今年の会議のテーマは「Buddhist Virtues in Socio-Economic Development(社会経済発展における仏教の価値)」
会議の案内はこちら。
http://www.icundv.com/vesak2011/en/wisdom_for_awakening.php

ウェーサク祭の様子はビデオで見られます。
http://www.icundv.com/vesak2011/en/vdo.php

この論文「仏教と自殺」はこちらで読めます(英語)。
http://www.icundv.com/vesak2011/panel4/12KawamotoFINAL.pdf

川本さんは一時帰国される予定なので、11月5日(土)に報告会を開くことになりました。
タイとミャンマーの仏教事情についてお話を聞こうと思います。


11月5日(土)13:00~17:00  志村城山公園内集会所
板橋区志村二丁目17番1号
アクセス:都営地下鉄三田線「志村3丁目駅」下車
改札を出て左にある交差点を右に渡り、1分ほど坂を上ったところ(地図参照)

会場費:無料
予約の必要はありません


About6_3


About2_3


Photo


« オバサ・セヤドー10月経典学習会のお知らせ | トップページ | オバサセヤドー経典学習会のお知らせ »

2012/8 宝台樹高原

  • 6
    8月に合宿の行われたみなかみ町藤原は宝台樹山のふもとにあり、冬はスキー場になる高原風ののどかな村です。

2009年クムダ・セヤドーのお寺 

  • 10 セヤドーのお話を聞く
    ミャンマー・ヤンゴン市郊外モービにあるクムダ・セヤドーの瞑想センターを訪ねた方が写真を送ってくださいました。 シーマホールも完成し、そこには富士山をバックにした仏像がまつられています。

2008/8 水上合宿

  • 雨上がり
    8月に合宿の行われた水上町藤原はまさに水の里。民宿周辺の風景をお届けします。

2008 夏の風景

  • 朝霧の沢
    夏の暑い日、川の源流では入道雲が湧き、山や木々は様々な表情を見せていました。

2008/7 関西合宿・瞑想会

  • 延命寺三門にて
    大阪、河内長野市にある延命寺は弘法大師空海が開基と伝えられ、市の紅葉名所にもなっている美しいお寺です。 ここで7月、クムダ・セヤドーをお招きして一週間の瞑想合宿が開かれました。
無料ブログはココログ